為末 大・走る哲学(電子書籍版)

App Store からダウンロードトラック競技における日本人初のプロ陸上選手(400mハードル)であった為末大選手は、25年トップアスリートとして走り続け、本年6月、日本選手権を最後に34歳で現役生活に幕を引いた。

早熟型だった選手が、「モチベーション」を切らさず伸び悩みの時期をどう過ごしてきたのか。人の真似から離れ、自分を貫くにはどのような考え方が必要だったのか。孤独に自分を磨きながらも、常に社会との着地点がどこにあるか、それらを探ってきた心の記録である。

しばしば孤高のサムライに例えられた彼のつぶやきは「孤独な競技者が自分を励ますメッセージ」ではなかった。平易な言葉で語られる言葉は、深いところで、何かを成し遂げようと努力する人の心の地下水脈に届く「哲学」になっている。
社会のなかで自分の立ち位置を探している人、ビジネスや芸術で独自の手法を確立しようと求める人に、ぜひ読んでいただきたい。

  • iPhone専用の電子書籍で、UIデザインも画期的。
  • まるで写真集のようなグラフィカルな構成。サンディエゴロケを敢行。撮影はハリウッドの名優、内外のアーティストやアスリートを撮り続けているポートレイト写真の第一人者、本間日呂志。
  • インタビュービデオ、編集者との対談、最新ツイート※など、電子書籍ならではの内容を大幅に増補。
  • 著者の最新ツイートも書籍内で読める。
  • しおり機能、検索機能も充実。テキストを選択して、コメント付きリツイート※ができる。

*本書は、2010〜2012年夏までの為末大のツイッターでのツイートを精選し、まとめたものです。
*「最新ツイート」や「コメント付きリツイート」などのTwitter関連機能は、iOS 5.0 以上でのみ動作します。

App Store からダウンロード